堂満岳

今日は登山教室の随行で比良の堂満岳へ行ってきた。
久しぶりに正面谷を登って、気持ちのいい一日だった。

堂満岳は麓から見た姿が精悍な山だ。山頂付近はなかなかの急坂だが、危険な箇所はほとんど無い。
2年ほど前にも登山教室で別ルートから登ったが、個人的にはそれ以来の再訪となる。
イン谷口でバスを降りて、正面谷を詰めていく。
KC3Y0044.jpg
大山口で小休止して、堰堤をいくつか越えていく。
KC3Y0045.jpg
これはタニウツギというらしい。
KC3Y0046.jpg
左手から堂満谷が流れ込む。
KC3Y0047.jpg
いよいよ青ガレへ。
KC3Y0048.jpg
琵琶湖が足元に広がってきた。
KC3Y0049.jpg
青ガレが終わってもまたガレっぽいところが続く。
KC3Y0051.jpg
残念ながらシャクナゲはもう終わっているが、シロヤシロがいい感じ。
KC3Y0052.jpg
歩き出して1時間半ほどで金糞峠に到着。
KC3Y0053.jpg
KC3Y0055.jpg
峠から少し北西へ下ったところで少し早めの昼食にして、その後は芦生杉を眺めに行った。
KC3Y0054.jpg
金糞峠に引き返して、いよいよ堂満岳へ。
これはアカヤシオ?
KC3Y0056.jpg
上に上がるとシャクナゲも少しは残っている。
KC3Y0057.jpg
峠から 45 分くらいで堂満岳(1057m)に到着した。
KC3Y0059.jpg
朝方は稜線のあたりは雲に覆われていたけれど、琵琶湖がきれいに望める。
KC3Y0058.jpg
しばしの休憩を取って、東尾根を下る。
最初はなかなかの急斜面で、滑りやすい。
1時間半ほどかかってようやくノタノホリ。
KC3Y0061.jpg
ここは訪れたことがあるはずだが、もはやまったく記憶が無い。
岸辺から延びた木の枝にモリアオガエルの大きな卵の固まりが。
KC3Y0062.jpg
本数の少ないイン谷口からのバスのちょうど 10 分前くらいに無事下山することができた。
とても楽しい一日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。