書写山

11/18(月)は連チャンで姫路の書写山へ行ってきた。本来は1週間前の予定だったけれど、天気予報で降水確率が高かったために延期になった。

書写山は名前は知っていたけれど行くのは初めて。

姫路駅に集合してバスでロープウェイ乗り場へ。このバスも結構混んでいた。

ロープウェイには乗らずに住宅街を歩いて登山道へ。

ここも丁石があります。しかしここもゴールが何丁かはわからない。

五丁の展望台から瀬戸内海方面。実は淡路島が見えていた。

歩き出して1時間ほどでロープウェイの山上駅に到着した。

圓教寺へ。人気の観光スポットらしいが私は初めて。

入山料を500円払って中へ入る。

摩尼殿は立派。まるで清水寺。

そして大講堂(右)と食堂(左)。

さらに上に上がって、書写山の山頂(371m)で昼食にした。

元に戻って、摩尼殿は上から中に入った。紅葉を上から眺める。

実は摩尼殿のそばで猿まわしをやっていた。あまりそばでじっと見ているとチップを出さなければならなくなりそうなので、遠回しにチラッと見た。

下山は西坂参道へ。

ほどなくコンクリートの坂道になって、日吉神社に出た。

このあと下道を40分ほど歩いて、播但線の余部駅で解散した。

圓教寺はなかなか立派なお寺で、人気観光スポットというのはわかるような気がした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。