雲取山

12/15 の日曜日は講座で京都北山の雲取山を登ってきた。

雲取山は私にとっては中学2年でワンダーフォーゲル部に入って初めてテント泊で登った思い出の山。1年半ほど前にも訪れた。

出町柳駅に集合して、バスで花脊まで行った。

スキー場跡のそばを通って寺山峠に向かう。

歩き出して40分ほどで寺山峠に到着。

ここは右京区と左京区の境界になっている。実は右京区は北区のずっと北まで広がっている。

一ノ谷に入って、雲取山荘。どこの所有?

所々にロープのある急斜面を登って、雲取峠(フカンド峠)に飛び出した。

眺望を楽しむべく雲取山北峰に向かう。山頂手前の展望場所から、中央奥に比良の武奈ガ岳。

ほどなく雲取山北峰。約 900m。

中央奥は比叡山。

そして出発してから2時間ほどで雲取山山頂(911m)に到着した。三角点はあるけれど、地形図には山名が記載されていない。

展望もほとんど無く、風が冷たいので早々にニノ谷に下る。

急坂を下って平らになった場所で昼食にした。

昼食後はニノ谷をさらに下って立命ワンゲルの小屋。「二十歳の原点」の高野悦子さんゆかりの小屋。

気持ちのいい沢筋の道を下る。

一ノ谷と出会って、三ノ谷との出会いへ。

このあとは林道で芹生へ。勢竜(せりょう)天満宮。

このあとはしばらく車道で芹生峠へ。

車道をぐんぐん下って貴船神社の奥宮。

そして貴船神社に参拝。さすがに12月ともなると日曜日でもさほど混雑していない。

午後3時半、叡電の貴船口駅に到着して解散した。改装工事をしていた。

これで私が担当する今年の講座はすべて終了した。今年も楽しい一年でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。