須磨アルプス

今年最初の随行は 1/4(月)の須磨アルプスだった。須磨アルプスは以前は年に数回くらい通っていたが、三年前のキャノンボールを最後にこのところはすっかりご無沙汰している。

集合は神戸地下鉄の妙法寺駅。

快晴の元、しばらく車道を歩いてから横尾道に入る。月曜日だが散策している人は多い。

ウバメガシの林。備長炭の原料になるらしい。

須磨アルプスの麓を回り込んでから高倉台の階段を登る。

振り返ると明石海峡大橋。その向こうが淡路島。左は須磨浦公園の山々。

11時過ぎに栂尾山(274m)に到着して、ここで昼食にした。

昼食後は稜線を辿ってまずは横尾山(312m)へ。

そしていよいよ須磨アルプスの核心部に入る。

そして馬の背へ。記憶が曖昧になってきている。

順調に進んで、今日は板宿へ下りる。この道は私自身は初めて。

大阪湾方面。生駒や葛城山、金剛山も見えていた。

最後は板宿八幡神社に下山した。

ここでしばらくゆっくりしてから住宅街を歩いて板宿駅で解散した。天候に恵まれて気持ちのいい一日だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。