美ヶ原

さすがに諏訪では朝はかなり気温が下がって、ライターの火がなかなか点かなくてちょっとあせった。これからはオイルライターにしようと思う。

公園のトイレは快適なホット便座でした。

ビーナスラインが冬期閉鎖なのでちょっと大回りして、9時過ぎに美ヶ原の山本小屋前の駐車場に到着した。天気は曇り。ちょっと風があって結構寒い。

寒いのでジャケットとオーバーパンツ、帽子はボア付きの頭をすっぽりと覆うタイプのものを着用して、9時25分に出発した。小屋をちょっと過ぎた所でさっそくスキーを履いた。

美ヶ原は夏の避暑には2回ほど来たことがあるけれど、冬は初めて。ここもやはり雪が少ない。

美しの塔。

まずは王ヶ頭(おうがとう)に向かう。

雪面は雪上車のキャタピラの跡で堅くなっている。本当は柔らかい雪の上を歩きたいのだけれど仕方無い。

ホテルの手前は少しだけ登りになっていて、帰りにうまく滑れるかどうかちょっと心配という感じ。

出発して1時間ほどで王ヶ頭ホテルに到着した。ここはこの時期も営業していて、バスで送迎してもらえる。結構繁盛している感じ。

このあたりは生駒山並みに電波塔が並んでいる。

ホテルの向こう側には御嶽神社。ここから御嶽山が望めるということで名づけられているとか。

そしてそのすぐそばが王ヶ頭(2034.4m)。美ヶ原、そして今回全体での最高峰。

時間があるので王ヶ鼻(おうがはな)にも向かうことにする。背景は松本盆地。

ここから広い車道までは細い道をショートカットで下って行くのでスキーは担ぐ。

ほどなく車道に出て、またスキーを履いて進む。ホテルに泊まった観光客がたくさん散策している。

王ヶ頭から25分ほどで王ヶ鼻(2008m)に到着した。

このあと目指す茶臼山。背景の雲に隠れているのは南アルプス。

戻る途中のベンチのあった所でおにぎり休憩にした。

富士山と、手前には昨日登った車山。

これは浅間山。

王ヶ頭ホテルからの下りは何とかコケずに下れたが、これくらいの傾斜が限界という感じ。そのあとはタラタラで快適。

分岐まで戻って来た。今、12時18分。このまま戻ったら1時前に終わってしまうので、予定通り茶臼山へ向かうことにする。しかし道標には茶臼山まで3.2kmと表記されている。そんなことは無いだろう。

茶臼山へ向かう人が少なそうで、スノーシューやツボ足のトレースが少し残っているくらい。少し進んだ所で広い道から横にはずれる。ここの道標には1.8kmとあったので、これが妥当な感じ。

茶臼山へのルートはこれまでのように踏み固められていないので気持ちいい。

王ヶ頭、王ヶ鼻を振り返る。

せっかくなので新雪斜面に入ったりしてみたけれど、板の長さが短いせいか、以外と潜る。ササ藪に何度かスキーが突っ込んでしまって、これではラッセルもそれほど効果が期待できないかも。

山頂に近づいてくると急に登山道らしくなってきたので、スキーはここにデポしておく。

午後1時8分、分岐から50分で茶臼山山頂(2006.5m)に到着した。写真ではよく見えないけれど、真ん中奥に富士山。その手前に車山。左端は蓼科山。

山々は雲がかかっているとは言え、素晴らしい眺望。おまけに誰もいないので、ここで腰を下ろして大福休憩にした。

デポしたスキーを履いていたらスノーシューの3人パーティがやってきた。

今日はほぼ終日スキーを履いていたので、さすがに少しは慣れてきた。美ヶ原は HOK スキーには絶好のエリアだったけれど、残念ながらこんな場所は滅多に無い。

多少は楽しさを感じられるようになってきたので、またどこかへ行きたいけれど、さてどこへ行こうか? なんて考えていたら駐車場に戻ってきた。

午後2時38分、車までスキーを履いたままだった。

片付けをして、諏訪の温泉に向かう。最初に向かった温泉は数台分しかない駐車場が一杯で入れなかったので、この近くの小さな温泉に行った。ここも数台分しか無かったけれど運良く空きがあった。

ここ、下諏訪温泉・新湯はシンプルな街の銭湯で、入浴料は何と 240 円!!。当然石けん、シャンプーは無いので石けんだけ買ったけれど、それも 50 円。しめて 290 円でした。ちなみに昨日の片倉館は 750 円。

帰りはおそらく渋滞がひどいだろうと思って、時間つぶしをして遅くなってから帰ろうと思っていたけれど、どうも今のところそれほど渋滞はひどくない様子。なので渋滞に出会うまで走ろうと思って岡谷から高速に乗った。

予想外の快走で、プチ渋滞だった箇所も次第に解消されてきて、滋賀県までスムーズに戻ってきた。

これなら10時過ぎくらいには帰れそうだと喜んでいたら、何とまたもや事故!!。京滋バイパスに入る手前での事故で、通過時間が不明な状態。

結局、12/29に続いて草津田上で高速を降りて下道で帰ることになってしまった。

車山

せっかく買った Hok スキーを何とか楽しみたいと思って、好天期待の正月に雪原ハイクに行くことにした。

渋滞を避けるために日中の移動は避けて、2日の早朝4時過ぎに家を出て、一路霧ヶ峰に向かった。

諏訪ICで降りて、まずは燃料の補給。京阪神あたりで入れた軽油は寒冷地では凍ってしまうそうで、その土地で売られている軽油を入れるというのがディーゼル車のセオリーらしい。

9時半頃に車山肩駐車場に到着した。それにしても雪が少ない。標高1800mを越えているというのに、岐阜や福井の山よりも少ないんじゃないか。

左の方に見えている白いものが車山山頂の気象レーダー。

好天だが空気は冷たいので、ジャケットを羽織って9時50分に出発した。スキーは担いで。

35分ほどであっさり山頂(1925m)に着いてしまった。ちょうど反対側にはスキー場があって山頂直下までリフトが来ているので、スキーヤーもたくさん来ている。

山頂には車山神社。昭和の始め頃の建立。

富士山が望めるが、あまり白くは見えない。

富士山の右には南アルプス。

左には八ヶ岳。

さて、これから車山高原を周回するのだけれど、下に降りるルートが見つからない。降りたいルートはちょうどスキー場のゲレンデになっている。

うろうろした挙げ句、スキー場のコースの端を歩いて降りることにした。スキー場のコースをスキーを担いで歩いて降りるなんて、まったくサマにならない。しかしこの板を履いて滑って降りることは今の私には不可能。

10分ほどでハイキングコースの入り口にたどりついた。そしてそこでスキーを履いて、誰もいない静かな雪原に入って行った。

どうも私と同じようなスキーで歩いている人のトレースがある。しかし今日は雪面がわりと堅いので、何日か前のものだと思う。

ここは中央分水嶺トレイルのコースになっているらしい。

雪面が堅いので、ちょっとした下りでもすぅっと進んでしまってコケる。

ちょうど座れるくらいの岩がいくつかある場所に来たので、腰を下ろしておにぎり休憩にした。

このスキーはシールが装着されているけれど、普通の山スキーでの全面シールほどは抵抗がしっかりしていないので、登坂力は乏しい。それにエッジもあまりしっかり効かないので、まともな登りは難しい。

前のピークは山スキーなら何と言うこともない程度だけれど、このスキーではうまく登れないと思ったので、ここでスキーを脱いで担ぐことにした。このスキーの特性は多少はわかってきた。

幸い、ツボ足でも潜ることはなく、12時7分に山彦谷・南の耳(1838m)に到着した。背景は蓼科山。

このあと急斜面を一気に下ってから登り返して、12時20分に山彦谷・北の耳(1829m)。背景は浅間山。

来し方を振り返る。

このあとそばを通る予定の八島ヶ原湿原。

そしてゼブラ山(1776m)。背景は明日行く予定の美ヶ原。

今日のピークはこれでお終い。八島ヶ原湿原に向かって下るが、ササ藪に雪が積もっている感じで、結構足が潜る。それならということでスキーを履いてみたけれど、そこそこ傾斜があるのでとてもまともに滑れず、数分ほどであっさり諦めてまたツボ足で下った。

八島ヶ原湿原そばの道は林道のようなほぼ真っ平らの道。標柱に腰掛けてドーナツ休憩を取って、それからスキーで歩くことにした。

ツボ足でも歩けるけれど、せっかくなので慣れるためにも。

しばらくすると急な登りが出てきたので、また履くつもりで板を肩に担いで登った。

そのうちにまた平らになるんじゃないかと期待していたが、なかなかそうなってくれない。ずっと登り一辺倒の登山道。

gpsを見るともう駐車場は近いので、スキーはザックにくくり付けることにした。

午後2時40分、駐車場に戻ってきた。

もしただの歩きだけだったら面白くも何ともなかったと思うけれど、スキーで歩けたので結構楽しむことができた。

その後は一旦諏訪まで降りて、片倉館の千人風呂へ。

片倉館は歴史的に重要な建物だそうで、建物の見学などもできる(もちろん有料)。

風呂も歴史を感じさせるちょっとレトロな造りで、湯船の深さが何と1メートルほどある。底はタイルではなくて、丸い小石が敷き詰められている。黒いので深さがよくわからず、何気なしに足を下ろしたらあまりの深さにびっくりしてバランスを崩して、あやうく溺れそうになった。

その後、スーパーで食べ物を調達して、諏訪湖の近くの公園の駐車場で一人宴会にした。