星田三山

「星田三山(北山師岳、星田山、日高山)」というのがあるというのを知ったのはわりと最近のこと。さらに「星田60名山」というものもあるらしい。

日曜日(1/19)は講座の仕事があるので、前日の土曜日(1/18)の午後に軽い気持ちで出かけた。

自転車で出かけて星田駅そばの駐輪場に置いて、午後1時50分に星田駅を出発した。

しばらく車道を星田妙見宮に向かう。

その後ほしだ園地に向かうが、途中で山路に入る。ここは標識も何も無くてわかりにくかった。

急登をぐいっと上がって、数分で石橋山(179.8m)。

右下にはグラウンドがあって、野球少年の金属バットの音が響いている。

ほんのちょっとした里山程度と思っていたけれど、以外とアップダウンは急だ。木の根をつかまなければならないような場所もある。

風化した花崗岩の滑りやすい道が続いて、宗円山(207.3m)。

送電線の鉄塔に向かって上がる。

上がってすぐに弁財天山(258.8m)。

相変わらず急なアップダウンが続く。左側はゴルフ場。

階段をぐいっと上がって、北山師岳(269.5m)。星田三山の一つ。

ここからは北側の展望が得られる。真ん中はポンポン山。

お次は地獄谷山(241.5m)。

午後3時ちょっと前、星田山(278.0m)に到着した。

ここから先の道がよくわからず、たまたま着いた星海山(264.6m)。

道は結構荒れているが、それなりに整備はされている。

ぼって谷に下りて、さらに登り返して今日最後のピークの日高山(260.7m)。

少し引き返して、荒れたぼって谷を下る。

道はあるような無いような・・・。

道が穏やかになってきた。道端にツツジ。

星田新池。

ほどなく住宅街に出た。

この後は車道をジョグで、午後4時11分に駐輪場へ戻ってきた。

思いのほか楽しい道だった。間にもたくさんの道があるので、また日を改めて歩いてみたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。