シビレ山、丹生山

7/11(日)は講座で神戸市のシビレ山、丹生(たんじょう)山へ行ってきた。いずれも名前を聞くのも初めての山。雨を覚悟して行ったが終日晴れで蒸し暑かった。

*電池切れで途中まで。一部欠落。

神戸電鉄の箕谷駅に集合して、バスで衝原(つくはら)へ。

つくはら湖の湖岸沿いをしばらく歩く。

小一時間歩いて登山道に入る。

しばらく沢沿いの道。何度も流れを渡りながら進む。

20 分ほどで無名の三角点(235.6m)。

運動公園が見える。

意外と厳しい登りが続いた。

まだ先が長いのでちょっとした分岐のスペースで昼食をとって、午後1時前にシビレ山(465m)に到着した。

さらに東の丹生山に向かうが、途中で朝日山(512.7m)に立ち寄る。真ん中奥の山は淡路島。

午後2時前に丹生山(515m)に到着した。山頂には丹生神社の本殿がある。

山頂エリアから鈴蘭台方面。後ろの山並は六甲山系。

その後、衝原より少し東の方に下りてきた。

丹生神社前のバス停からバスで箕谷駅に戻って解散した。予想外の暑い一日だった。

先週の講座のあとは夕方のジョグを続けてきたので、体調はおおむねいつも通りだった。

2年ほど前から登山講座は8月はお休みということになっているので次回は9月になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。