三浦誠司さん逝去

先の四連休は非常に楽しみにしていた。例年なら梅雨明け直後の安定した好天が続く頃で、高山へ行くには絶好の時期だ。

ようやく雲ノ平テント泊ができると楽しみにしていたのだが、梅雨前線は停滞したまま。連日の雨で近場日帰りすら行けず、陸上クラブの練習会や淀川のジョグだけで終わってしまった。

結果的には終日雨という日はなくて、もしどこかへ行っていたとしても一時的な雨くらいですんだのではないかという気もするけれど、連日の雨でおそらく道はぐちゃぐちゃ。ヤブに入ると雨露でびしょびしょという状況だったと思うので、まぁ行かなくて良かったのではないかと思うようにしている。

それでも行く人は行くもので、今朝たまたまネットでこんなニュースを見かけた。

本当にびっくりした。

これまでトレイルランナーの事故情報には何度も出会ってきたけれど、いずれも個人的には面識の無い方ばかりだったが、もう 10 年少々前になるけれど、三浦さんの主催されている練習会やイベントなどに何度も参加したことがあった。

おそらく三浦さんは私のことなどもう忘れておられると思うけれど、それまで 20 年以上ほぼ一人で走ってきた私が初めて集団での練習会に継続して参加したという出来事だったので、私はその頃のことを今でもはっきりと覚えている。

ランニングショップの run-walk style は JR 森ノ宮駅のそばにある。どうやってこの店の情報を知ったのかは忘れてしまったけれど、50 歳を過ぎてから坂道をころがるように走力が落ちて、それに伴ってモチベーションも落ちてきた。

その頃は山スキーもやっていたのだけれど、ランニングの質が落ちるに従って山での体力も目に見えて落ちてきた。

このままではいけないと思ったが、もはや一人では追い込む練習などできない。

しかし走友会などに入るのはわずらわしいと思っていたので、一回 500 円程度で気軽に参加できる練習会を主催していたここに何度か出かけた。

大阪城公園でペース走をやったり、室池でのクロカン走、六甲縦走などに出かけた。

ただ、常連参加者はおおむね私より一回りくらいは年下で、しかも女性が多かったので、次第に足が遠のいていった。参加していたのは一年くらいではないかと思う。

その後、地元の陸上クラブが会員を募集しているのを見つけて、そこに入れてもらうことにして、run-walk style からは完全に離れた。

三浦さんはその当時はまだ 30 台で、トレランのレースでは大きな大会でも上位に入るくらいの実力者だった。ロードのマラソンは2時間 40 分くらいだったのではないかと思う。

個人的に生駒へ行った時に、お客さんを連れて走っておられるのに出会ったりしたこともあった。

どうしてこんな天気の日に滝のそばなどに行かれたのだろうかと思ったが、情報によるとランの予定がほぼ終了して、滝壺のそばで汚れ物を洗おうとしていた女性が溺れそうになって、それを助けようとして深みにはまりこんでしまったらしい。

亡くなった三浦さんは本当に無念だろうけれど、この女性も本当につらいだろうと思う。お客さんだったのか走友だったのかはよくわからない。

ご冥福をお祈りいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。