バラ三昧

昨日は花を見る講座の随行で、泉南市と堺市のバラ園に行ってきた。
先月のこの講座は雨模様の寒い日だったが、昨日は暑すぎるほどの快晴で、高齢の女性が大半という参加者の皆さまにはかなり疲れた方もいらっしゃったようだった。
京都駅から貸し切りバスでまずは泉南市の農業公園にあるデビッド・オースチン・イングリッシュ・ローズガーデンに向かう。
ちょうど最盛期で、平日にもかかわらず園内は入園者でいっぱい。入園は無料。
KC3Y0043.jpg
ここは主として観賞用に品種改良されたものが植えられている。
ムンステッド・ウッド。
KC3Y0044.jpg
オリビア・ローズ・オースチン。
KC3Y0046.jpg
ザ・ウェッジウッド・ローズ。
KC3Y0048.jpg
これはバラではないけれど、タワシのような不思議な花。
KC3Y0052.jpg
イギリスの庭園というのはこういう雰囲気なのだろうか。
KC3Y0053.jpg
りんくうタウンのゲートタワービルの中華レストランで昼食をとって、午後は堺市の浜寺公園へ。
泉州のマラソンでここに来たのはもう 20 年以上前のことだ。
浜寺公園のバラ園にはノイバラなどの原種がたくさん植えられている。ここも入園料は無料。
KC3Y0054.jpg
KC3Y0061.jpg
イバラというのがバラの仲間だということを初めて知った。
池にはスイレン。
KC3Y0056.jpg
流行歌の歌詞で有名なハマナス(ハマナシ)も実はバラだった。
KC3Y0063.jpg
KC3Y0065.jpg
帰路は思いのほかスムーズに車が流れて、5時には京都駅に帰ってくることができた。
この講座の随行は今回で2回目で、まだまだとまどうことが多いけれど、それにも増して学べることが多いので、早く手際よく進められるようになりたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。