川上監督

川上哲治氏が亡くなられた。93歳ということなので、天寿をまっとうされたと言ってもいいのではないだろうか。
私の世代では川上氏の現役時代は知らない。何と言ってもジャイアンツの黄金時代、V9を率いた監督としての川上氏だ。私がプロ野球を一番熱心に見ていたのがV9の後半くらいだったので、川上監督の存在は強く印象に残っている。ついでにヘッドコーチだった牧野コーチも。
野球は素人なので、采配や技術的なことはまったくわからないが、とにかく川上監督の勝利への執念というのはその頃も非常に強く感じた。『石橋を叩いても渡らない』なんて称されたこともあったように思うが、とにかく盤石の采配で、長島監督のようなひらめき采配は一切無く、定石を堅実に積み重ねて勝利をつかみ取るという戦い方だったように思う。
ジャイアンツという球団は川上監督の残した資産を、まだ何とか受け継いできているのではないかと思う。その当時に比べるとやはり徐々にそういう文化は薄まってきているとは感じるが、まだまだ根底の部分で残っていると思う。私にとってはジャイアンツ・イコール・川上監督だ。
それに反して、そういう勝利への執念というものが極めて希薄なのがタイガースだ。タイガースはジャイアンツがライバルということになっているそうだが、ジャイアンツは本音のところはタイガースをライバルとは思っていないのではないだろうか。ドル箱カードなのでそんなことは口には出さないだろうが。
闘志を前面に出す星野監督時代は少しは違った雰囲気が感じられたが、就任期間が短かったせいもあるのだろう、あっという間に元の負け犬タイガースに戻ってしまった。要するに、そういう文化が定着していないということだ。
コーチを変えてどうなるというものでもないだろう。何よりも、フロントが本気で強いチームを造りたいと考えているようには思えない。随分以前のことだが、江本投手が『フロントがアホやから野球ができん!』と言ってクビになった事件があったが、あれはまぎれもなく事実だったと思う。
さて、私でも注目している今年の日本シリーズ。思った以上に楽天が善戦しているが、最後はジャイアンツの勝利ではないかと思っている。本音は楽天に勝ってほしいのだが・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。